ひざの痛みに対する再生医療を始めます!

2021-07-26

ひざの痛みに対する再生医療を始めます!

再生医療はひとが生まれながらに持っている「自然治癒力」を利用した新しい治療法です。すでに実際の治療として使われているものにPRP(多血小板血漿)療法があります。もともとは床ずれ、やけど、難治性皮膚潰瘍などの皮膚や皮下組織の再生促進に使われてきました。自分の血液を利用するため安全性が高く、整形外科ではスポーツ選手のけがや肘・膝関節の痛みの治療として用いられています。

自分の血液から血小板を多く含んだ成分だけを取り出し、傷ついた部位に注入します。そこで血小板に含まれる成長因子がもつ「自然治癒力」を利用して治癒を目指します。プロ野球選手の田中将大投手は肘の靭帯損傷に対して手術を避けてPRP療法を行い、見事に復活しました。

変形性膝関節症ではヒアルロン酸注射や運動療法、電気・温熱療法といった保存的療法を行っても良くならない場合、あとは手術という選択肢しかありませんでした。しかし手術を受けるのはやはり勇気が必要です。その間を埋める治療がPRP療法です。個人差はありますが、注射後2週間~3か月ほどで治療効果が出現し、半年から1年くらい効果の持続が期待されます。元々の症状が軽い方では、1回の注射で症状がなくなる可能性もあります。

膝の痛みの治療を長く行っているんだけど良くならない、でも手術は嫌だという方は一度この治療を考えてみてはいかがですか。ただし、新しい治療法なので健康保険は使えず自費になります。

 

ご興味のある方は、下記ホームページでより詳しい説明がご覧いただけます。

PFC-FD療法(血液由来の成長因子を用いたバイオセラピー)とは | ひざ | 関節治療オンライン (seikei-online.jp)

(当院ではこのPFC-FD療法を行います)

Copyright(c) 2016 整形外科ふくしまクリニック All Rights Reserved.